○○をせずにオナ禁すると、逆効果!!○○とオナ禁の切っても切れない理由

んにちわ。

 

 

 

オナ禁してますか??

 

 

 

オナ禁しているととっても当たり前のことなのですが、

 

 

何かを我慢するって結構しんどくないですか??

 

 

 

これはオナ禁に限らず、禁酒や禁煙やダイエットをしているときにも共通することだと思います。

 

 

 

自分の欲求を抑えて、あえて欲求とは逆の方向に向かうということは、立派なことですが、同時に苦痛も伴います。

 

 

 

それどころか、状況によってはただ気合や意思だけでオナ禁を継続させていると、

 

 

 

むしろ逆効果につながる場合さえあります。

 

 

 

夜寝られないから酒を飲んで酔っ払ってから眠るようにしたが、

 

 

 

いつの間にか酒無しでは眠れない体になってしまった。

 

 

 

 

むしろ夜中トイレで起きたり、肝臓も悪化してしまった。そんな状況に近いです。

 

 

 

 

 

だからあなたがオナ禁をする際には、○○無しにオナ禁をしてはいけません。

 

そうでなければかえってオナニー中毒が悪化する可能性が高いのです。

 

 

 

 

その○○とは、ずばりランニングです。

 

 

  ↓↓↓↓↓↓このブログについて私が解説した動画↓↓↓↓↓↓


○○をせずにオナ禁すると、逆効果⁉︎

 

 

 

 

なぜオナ禁にランニングは欠かせないか、理由は2つ挙げられます

 

 

1、オナ禁中のストレスを昇華させてくれる

 

 

2、「ジヒドロテストステロン」というおっさんホルモンが排出される

 

 

 

まず一つ目のストレスとの関係性から見ていきましょう。

 

 

 

先述しましたが、オナ禁はオナニーを我慢しているということなので、当然ストレスがかかります。

 

 

 

あなたの人生におけるストレスが、「オナニーを我慢すること」

 

だけなら何とか気合で乗り切れるかもしれないですが、実際の生活ではより多くのストレスがかかります。

 

 

 

・職場の上司がうるさい

 

 

・仕事が苦痛

 

 

・学校に行きたくない

 

 

・買いたいものがなかなか買えない

 

 

・持病がある

 

 

・物事が思い通りに進まない

 

 

・時間がなかなか取れない

 

 

・周りとの人間関係がつらい

 

 

・課題(宿題)をやらなきゃいけない   

 

 

などなど・・・

 

 

 

あなたも大体どれか当てはまりますよね??これだけのストレスを毎日抱えながらオナ禁という苦行に挑むと、

 

 

 

ストレスが悪化したり、ひどいと抑うつ状態や不眠症を誘発しかねません。

 

 

 

僕もオナ禁初心者時は、まるで一人我慢大会のようにオナ禁をしていましたが、

 

 

 

ムラムラし過ぎて寝られない日が続いたり、ストレスのはけ口が見つからずイライラが続きがちでした。

 

 

 

そうなるとオナ禁も続かず、オナ禁2,3日目でXVID●Oにかじりつくこともしょっちゅうでした。

 

 

 

 

そんな厄介なストレスを解消する為には、ランニングを習慣付けることが必要不可欠なのです。

 

 

 

ではなぜランニングがいいかというと、それは有酸素運動であるということが大きなポイントになります。

 

 

 

 

 

有酸素運動では、心拍数が上がり、血流の流れがよくなるので、体に溜まった老廃物が排出されたり、

 

 

 

体中に酸素が行き渡るので脳がスッキリします。

 

 

 

続けていけば、足腰の筋肉も鍛えられ、疲れにくい体=ストレスの溜まりにくい体が出来上がっていきます。

 

 

 

また、有酸素運動をすることで、エンドルフィンやセロトニンという神経伝達物質が出ます。

 

漫画「バキ」好きの人ならよく知っている、アレです。

 

 

 

このエンドルフィンやセロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれており、

 

 

 

エンドルフィンは主に精神ストレスの解消に効果があり、免疫細胞の防御反応を強めてくれます。

 

 

 

セロトニンにも抗ストレス作用があり、整腸作用にも高い効果があります。

 

 

 

走って汗をかけば、体内の老廃物を排出や足腰も鍛えられ、

 

 

 

幸せホルモンによってストレスも軽減されるというわけです。

 

 

 

 

 

2つ目の「ジヒドロテストステロン」との関係性を見ていきましょう。

 

 

 

「ジヒドロテストステロン」も脳内伝達物質の一つですが、こちらは俗に「おっさんホルモン」と呼ばれてます。

 

 

おっさんホルモンと呼ばれている理由は・・・

・脱毛が増え、ハゲやすくなる

 

 

・髭やスネ毛などが毛深くなる

 

 

前立腺が肥大する

 

 

・ニキビが発生する

 

 

・体臭が悪化  

 

 

・肌が脂ぎる

 

 

・精力減退

 

 

・やる気を減少させる

 

 

などなど・・・

 

 

 

まさにおっさんの悪い特徴ばかりですね・・・。

 

 

このおっさんホルモンは、オナニーしていても増えていきますが、

 

 

 

運動せずにオナ禁をしてもストレスからムラムラ感が生じ、結果増加していきます。

 

 

 

これが増えるとせっかくあなたがオナ禁をがんばっていてもやる気が続かなかったり、

 

 

 

抑うつ状態に陥って結局オナ禁をリセットしてしまいます。

 

 

 

これを除去するのに有効な方法も、有酸素運動なのです。

 

 

 

走って汗をかけば、このおっさんホルモンも効率よく排出され、オナ禁の持続率を大幅に上げてくれます。

 

 

 

というわけで、まとめです。

 

 

 

オナ禁中は、必ずランニング(有酸素運動)をしよう!!

 

 

 

オナ禁中のランニングにより、オナ禁のストレスを軽減でき、

 

 

 

オナ禁中に生じやすいジヒドロテストロンを排出できます。

 

 

 

 

 

ペースは人それぞれですが、僕は週3,4日の、1回につきに30分程度のランニングをオススメします。

 

 

 

 

次回はオナ禁における筋トレ(無酸素運動の効果を解説していきます。

 

 

 

次回もよろしくお願いします。

 

 

ちなみに現在、オナ禁100日達成無料PDFを下記のページで配信しております。

 

 

 

 

まずはオナ禁100日を何が何でも達成させたいと願って止まないあなたは

 

 

 

今すぐしたのリンクからプレゼントページへジャンプされてください。

 

 

 

 

あなたのオナ禁100日達成を、心から願っております・・・

 

 

 

 

ここからオナ禁100日達成無料PDFを受け取る!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://072onakinn.blogspot.jp/2017/08/blog-post.html

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

ケイタ